uirusutaisakusoft

Macにはウイルス対策ソフトはいらないという意見がありますが、Macといえども対策ソフトは必須です。MacはMacOSXというOSが入っていますが、MacOSXには最低限のウイルス対策機能しかなく、MacOSXで防げるのはApple社が設定したウイルスのみで、新種が日々生まれている現在では対策ソフト無しでのインターネット接続は危険でしかありません。

ただし、MacOSXはプログラムのインストールやファイアウォール機能が充実しているのでWindowsよりはセキュリティがしっかりしていると言われていますが過信は禁物です。各種OSのサポートがあったとしても自衛のために対策ソフトは導入したいものです。

対策ソフトは高いから買えないという方も多いのですが、各対策ソフトメーカーでは無料版の大作ソフトを配布していますので、Macは初めてでよくわからないという方も含めて最低限無料版だけでも導入しておくと良いです。

MacBookの場合CPUが少々心もとないので負担が多い対策ソフトは入れないという方もいますが、リアルタイムスキャンを外せばCPUに負担がかかることはありませんので、MacBookといえども対策ソフトを導入することが必要です。

ウイルス対策ソフトについて

MacBookを守ってくれる対策ソフトには種類があります。

まず、もっとも重要なのがウイルス対策ソフトです。ウイルスはアプリケーションを実行した際に感染するタイプが知られていますが、現在ではアプリケーション以外にもメールに添付されてきたエクセルのマクロや、ホームページやブログに仕込まれた不正なアプリケーションやマクロからの感染も増えています。

特にホームページなどで不用意に許可をだしてしまったJavascriptやFlashなどはCPUに負担をかけずに一気に侵入してくるので気づくことが少なく、また、欲しい情報が手に入るまで潜んでいることもあり、対策ソフトが無いと感染に気づきにくいのです。

ウイルス対策ソフトはWindows用が多いですが、Mac用も増えてます。Mac向けの対策ソフトの多くはノートPCでの稼働を前提にしていることが多いです。これはMacBookの他にAirやProなどMacの売上がノート型が占めているからと言われています。そのため、Windows向けに比べてCPUやメモリ消費量が少ないのが多いです。

初めて対策ソフトを導入するという方の中には、動作が遅くなるかと心配する方も多いですが、遅くなるケースはほとんどありませんので導入をオススメします。

対策ソフトのインストールについて

password-222331_640イルス対策ソフトの多くはインターネットからのダウンロードに対応しています。また、DVDやCDで配布される対策ソフトも多いです。MacBookにはCDやDVDドライブは搭載されていませんので対策ソフトを購入する際はメディアについてチェックしておくと良いです。

対策ソフトによってはインストールメディアが配布されず、ダウンロードのみという場合も多くなっています。この場合、シリアル番号のみが配布されるのですが、インターネット環境がない、もしくはモバイル環境しかない場合には要注意です。

一般的に対策ソフトは数十MB程度の容量が多いですが、ダウンロードには時間とコストがかかります。また、数MBと小さな対策ソフトもありますが、ウイルス情報などはダウンロードされるのでダウンロード数は多いです。モバイル環境で対策ソフトを利用する場合はWIFIなどの活用も大事です。

対策ソフトによっては無料版からのアップグレードが用意されている場合も増えています。この場合はシリアルを購入することで、インストールをしなおさなくても利用ができることが多いです。

対策ソフトは一度インストールすれば自動でアップデートしてくれますし、メンテナンスはほぼ必要ありませんのでMacが初めてという方も安心して利用できます。

MacBook向けの対策ソフト

初めてのMacがMacBookという方も多いようです。Windowsの利用経験があればそれほど迷わずに利用できるのですが、パソコンが初めてという場合には対策ソフトのインストールも難しいと感じるかもしれません。

しかし、基本的にMacBookへのアプリケーションの導入はマウスのクリックだけで済みます。DVDやCDドライブが無いのでインターネットからのダウンロードかUSBメモリからのインストールとなりますが、ダウンロードした場合は、フォルダ名、ダウンロードの中にファイルがありますからそれをダブルクリックする、また、USBメモリの場合もUSBメモリをダブルクリックすればフォルダが開き、中にファイルがありますのでダブルクリックすればインストーラーが起動します。

MacBookへ初めて差し込むUSBメモリは自動で認識されて、デスクトップにUSBメモリアイコンが見えますのでWindowsのようにドライブを探す手間はありません。

初めてMacを触った方の多くは対策ソフトを入れないようです。そのため、感染したことを知らずに利用している方も多いので、初めてMacBookを利用する場合は特に対策ソフトの導入をまず行っておくことが大事です。