netoworksettei

初めてMacBookを購入する際は、あらかじめAirMacのような据え置きのルーターと、インターネットサービスを提供するキャリアとの契約を交わしておくことが、1番最初に行う初めての下準備となります。

初めてインターネットに接続する際のネットワーク設定はWindowsのパソコンに比べて余計なステップや設定が必要ないので誰でも簡単にセットアップが完了できる仕様になっています。

MacBookは、基本的にWiFi環境下であれば特別に自分で設定する項目は特にありません。
まず、ホーム画面のデスクトップにおいて、ディスプレイ上のメニューバーにある「WiFi」のロゴが有効になっているかチェックをしますが、WiFi環境下でない場合は、LANを自前で用意する必要があります。

ルーターはAppleの純正品であるAirMacがオススメで、AirMacは開封からスイッチをオンにするだけでWiFiが使用可能になるので誰でも簡単に設定が可能です。もちろん、サードパーティー製のLANを使用しても何の問題もありません。

初めてMacBookを購入したら、まず最初にインターネットに接続できる環境が好ましいです。

その他のネットワーク設定について

MacBookのインターネットへ接続する際のネットワーク設定の手段については、他にもあります。Appleのモバイル端末であるiPhoneに携帯電話会社でTetheringを有効にしている場合は、外出時にWiFiスポットを探さなくても自分のiPhoneの設定からインターネット共有をオンにすると、MacBookが自動的にWiFiへ接続してくれます。

初めてTetheringを使用してネットワーク設定を準備する場合は、パスワードを決めるだけで良いです。一般的にLANや据え置きルーターに比べると速度制限があり通信速度が遅く感じる場合がありますが、この場合は、速度が速くなるDNSへ書き換えることも有効な手段です。

MacBookのDockからシステム環境設定を開き、ネットワーク設定を開くと現在接続中のネットワーク名が表示されるので、詳細ボタンをクリックしてDNSの変更が可能です。

また、開封から起動時に必ず行うスタートアップ設定では、AppleのiCloudサービスの恩恵を利用するかセレクトする必要があるので、可能ならインターネット環境がある場所で初期設定を済ませます。この初期設定のiCloudは、後で行っても構いません。

ネットワーク設定と連携について

workplace-480222_640基本的にネットワーク設定が完了し、オンライン状態でMacBookを使用する環境が整ったらAppleのクラウドサーバーであるiCloudを利用可能にしておくことが強く推奨されます。

初めてMacBookを購入した方ならAppleIDを利用し、iTunesでの設定を済ませている前提なので、手持ちのデバイスがiPhoneやiPad、またはAppleWatchの場合は、写真や音楽、アプリやメモ、リマインダーや連絡先の情報が全てiCloudに保存され、AppleID1つで管理できるメリットが利用可能になります。

もちろん、初めてMacBookを購入した方でも既存のAppleIDを入力するだけで、手持ちのApple製品に保存されてある情報が全てMacBookに反映された状態でスタートできます。

MacでiCloudサービスを開通させる方法はとても簡単です。まず、Dockからシステム環境設定を開き、iCloudをクリックすると、オンにするチェック項目が複数あるので自分がオンにしたいアプリケーションとオフにしたい項目とを選択管理しておくだけで完了です。

iCloudを設定しておくことで、手持ちのApple製品との連携が瞬時に可能になります。

インターネット接続後について

無事にネットワーク設定も終了したら、初めてMacBookを購入した方であれば、仕事でも遊びでも、サクサク動かせるようにカスタマイズすると良いです。

まず、MacBookで普通にインターネットのWeb検索を使いたい場合は、Dockに最初から置いてあるSafariが最も高速なブラウザとなります。Safariでは、あらゆるWebページの観覧やファイルのダウンロード、動画鑑賞などにおいてRAMのメモリ使用量が最低限に抑えられ、CPUに負荷がかからないように設計されています。

あえて他のブラウザを使用する方もいますが、Tetheringなどでインターネット接続をしている場合ではメモリ負荷の要因になり、インターネットの通信速度に影響が出る上にMacBook自体の処理速度も重くなってしまうので、初めて利用する際はSafariがおすすめです。
また、WiFi環境などが無い都会から離れた場所や、オフラインの状況でもSafariはWebページの観覧が可能です。

Safariには、リーディングリストという機能があり、保存したいサイト上でshiftキーとcommandキーとDキーを順に同時に押すショートカットを実行することでオフライン状況でもWebページの観覧が可能になります。