macbookcase

MacBookを初めて購入した際は、無駄を削ぎ落としたスタイリッシュなデザイン性やアルミボディの清々しい素材などに惹かれますよね。

本体をカバーするなら頑丈で本体を振動や傷からしっかり守るためのカバー素材を選ぶか、オリジナリティに溢れるおしゃれなケースを選ぶかで迷われる方が多いはずです。

 

最近はMacBookの新型モデルなどの登場もあって従来のモデルのバリエーションも豊富な品揃えになり、おすすめのケースがたくさんあります。初めてMacBookを購入した方も、そろそろケースを替えたいと思っている方にも、素材やデザイン性から考慮してセレクトすると、自分の希望に合うケースが必ず見つかります。

普段、仕事で持ち歩くシーンが想定される場合ではカバンにスリムに入る形の物が好ましいですが、耐久性やサイズなども考えると頑丈な仕様の製品をセレクトするのが好ましいです。

中には生粋のAppleファンだと、Appleロゴを露出させたいという希望の方も非常に多いので、透明なクリア素材のシリコンカバーやTPU素材(合成樹脂製)タイプ、あるいはシェルスキンシート型のプロテクトなど、クリアタイプでも数多くの種類が存在します。

用途とシーンからセレクトしよう!

最近のMacBookは薄型で軽量化が図られるモデルが多いので、衝撃には万全な対策が必要になります。
特に、初めて購入したMacBookだと、おすすめは耐久性を兼ね備えて傷や衝撃から守るタイプのケースが好ましいです。

8bitsleeve_s5

mambasleeve13

 

例えば、あまり頑丈なシリコン素材やクッション性に優れる物だとカバンに入れた時などの持ち運ぶシーンで邪魔になるので、本体は傷対策としてスキンシールでコーティングし、持ち運ぶ際はクッション性に優れたカバーに入れて持ち歩くといった使い方もあります。

もちろんスキンシールにもキャラクターデザインとコラボした種類の物もあるので女性でも選びやすいです。
初めて購入する際は、頑丈な素材のプロテクトカバーが1つあると後になっても安心できるので、おすすめは頑丈なプロテクターを揃えてから本体をスキンシールやシェルカバーで覆う順序がおすすめです。

迷ったらAppleストアの純正品から選ぶのも無難です。
また、MacBookだと当然キーボードが内蔵なので水やコーヒーなどの飲料をこぼしてしまうと、その時点でアウトです。

修理代は本製品を購入する値段と変わらないので、余裕がある場合は本体のカバーだけでなく、キーボードをマスキングするカバーも用意するのが好ましいでしょう。