hogofilmerabi

MacBookは強化ガラスが液晶に被せられているので他のノートPCに比べて格段に強いと言われています。また、Macはタッチディスプレイを採用していないので汚れることも少ないと言われています。

しかし、実際には液晶ガラスはとても汚れやすく、また、見え方によっては保護フィルムがあった方が生産性が上がる方も少なくありません。ノートPCで保護フィルムを利用したことがないという方には特にフィルムを利用してみると良いです。

MacBookで初めて利用するなら柔らか目のフィルムよりもガラスなどの硬化タイプがオススメです。ガラス系のフィルムは板状であり、貼りやすいのがメリットです。しかも初めてでも貼りやすく、気泡ができにくい、もしくはできてもすぐに移動させやすいです。

MacBookで初めてフィルムを貼る場合は買ってすぐに貼ることをオススメします。MacBookは比較的汚れにくいガラスが採用されていますが、時間が経てば汚れてきますし、油膜がついてしまう恐れも多いです。買ってすぐにフィルムを貼ることでガラスが綺麗な状態を維持できます。また、初めてフィルムを貼る際に気になるガラスへの影響ですが、貼ることによる悪影響はほぼありませんので安心して貼ることができます。

MacBookで使える保護フィルム

images

MacBookにはいろいろな保護フィルムが販売されていて、価格が安い順に考えてみると、柔らかい素材でできているフィルムがあります。ペラペラですが、貼る際にサポートシートが提供されていることが多く、気泡を作らずに貼れるように作成されています。また、このタイプには光沢、非光沢を選べることが多く、MacBookの画面の見え方が気になる場合に重宝します。

フィルムタイプよりも固めのガラスタイプも人気です。ガラスタイプは価格が高めですが、板状なので貼りやすく、ガラス素材なのでMacBookの液晶の見え方にもっとも近いと言われています。また、ガラスにはブルーライトカット機能がついていることが多く、目に優しいとして利用者が増えています。

液晶ガラスの保護以外にも多数の機能が追加されることが多いです。中には爪などで引っ掻いても割れにくくしたガラス系シートや、化粧や油がついても落ちやすいシート、そして、なんどでも洗えるシートまで多彩です。

駅諸保護シートは必要性を感じないという方も多いのですが、MacBookのように外に持ちだして利用することが多い機種の場合は画面が思った以上に汚れやすいのでシートはあった方が断然良いですね。